愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

『ミステリーとホットワインの夜』に参加しました。

本好きを自認していますが、ミステリーは一番好きなジャンルかもしれません。
数あるお気に入りミステリーの中から、その日私がチョイスしたのは、『十角館の殺人』です。

本格ミステリーの王様、綾辻行人のデビュー作。
なんと'87年の作品です!!


改めて読むと、多少の古さは否めませんでした。 男子厨房に入らずの精神がバリバリ生きてたり、文章も粗削りだったりと。 だけど、それを補ってあまりある、斬新かつ秀逸なトリック。 たった一文で全てをひっくり返す。 気持ちよく騙されてしまう。 これぞ、本格小説の醍醐味なんですよねー。 なーんて事を、美味しいホットワインをいただきながら、熱く熱く語らせていただきました。 この会に参加して、しみじみと、自分は小説のプレゼンが大好きなんだなあ、と気づきました。 プレゼンするのもされるのも大好きで、「読みたい」なんて言われると、大喜び。 本好きの性ですねえ……。

参加者の皆様は、勿論本が大好きな方々ばかりで。 「文庫の帯トーク」「事典トーク」「電子書籍トーク」などなど、本に関する色々な話題で盛り上がりました。 テーマから少しはずれた会話も、また楽し、です。 実は、以前から、「マークスの山」をはじめとする合田シリーズに、ある疑問を抱いていた私。 家に戻ってから、「あー、皆様のご意見を聞いてみるんだったー」と身悶えました……。 せっかくプレゼンされていたのに……。勿体ない事をしました。 しかし、この日、集まった本は、ベストセラー作品あり、ドラマ化された作家の、まさに旬な作品あり、外国文学ミステリーあり、社会派あり。 バラエティに富んだラインナップでありました。 そして今私の手元には、誉田 哲也の『ジウ』があります。 ホットワインの香りを思いだしながら、味わって読もうと思っています。



【報告:ワタナベ】

 

 

 

 

 



 

ミステリーとホットワインの夜
開催日:2013年2月13日18時30分
  • 受付期間:2013年1月17日 12時 〜 2013年2月10日 21時
  • 定員:8名
  • 参加対象:20歳以上の男女どなたでも!
  • 授業料:実費 
  • 準備物:好きなミステリー小説1冊
    1000円(ホットワイン・軽食代)
  • この授業はアルコールが用意されます。お車でのお越しはご遠慮ください。

本シリーズ第4弾!

今回は冬の夜に読みたくなる「ミステリー」と
ちょっとブームの兆し?「ホットワイン」の組み合わせ。

自分の好きな本を持ち寄って
お酒を楽しみながら語り合う本の授業も4回目となりました。

スタートは一昨年9月の「本とカクテル」
その後は本のジャンルを限定、作家も限定にした回も。
毎回様々な本が登場し、新たな発見や感動が巻き起こります。


「ミステリー」と言ってもその幅の広さは一口に語れない!
推理小説・探偵小説・怪奇小説・・・・SFもミステリーに入るとか入らないとか。
とにもかくにも幅の広いジャンル、ミステリー。
どんなミステリーでもどんと来い!

ゆっくりとミステリーの世界に浸りその謎に向き合う時間。
なんと幸せなことか!
その楽しみを皆さんで共有しませんか?
おすすめのミステリー小説を一冊持ち寄って大いに語り合う授業。
犯人は・・・どうぞ内緒にしてください。

お供には寒い冬にぴったりのお酒「ホットワイン」をご用意。
持参した本はその場で出会った者同士「交換」するのはいかがでしょう?

あなたの知らない新しいミステリーがここに!

【授業の流れ】
18:30 自己紹介
19:00 本のプレゼンテーション
19:45 意見交換
20:30 アンケート 写真撮影
20:45 終了

この授業の開催は終了しました。

コーディネーター:杉浦綾
砥部焼作家
雪深い新潟県出身。名古屋〜東京などを転々とし、やっと腰を落ち着けた愛媛県。 真の愛媛県人になるべくいよココロザシ大学の門をたたきました。 伊予弁、愛媛の郷土料理を勉強中。 職業病の腰痛と闘いつつ人生において一番大切なのは健康であると日々思う昭和47年生まれ。 好きな食べ物は日本酒です。

今回の教室:愛顔の食卓
住所:愛媛県松山市花園町5-4
TEL:089-906-5806
行き方アクセス:松山市駅から徒歩3分。花園町東側を北に歩きます。
「海山里の生産者と食卓の架け橋」を掲げ、生産者の顔が見える逸品を愛媛県各所から取り寄せたアンテナショップ。みかんジュース、ジャム、干物、出汁、スイーツ、梅干し、海苔、お茶、ジビエ、アイスクリームなど、50以上の生産者と繋がり、200種類以上の「顔の見える一品」を揃えています。 愛媛県各地の逸品を詰合わせる「ギフト」が人気で、会葬御礼から記念品、手土産やちょっとしたお礼など、あらゆる場面で1500円から賜っています。