愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

みなさんの自己紹介から始まった授業、初めてでしたがさほど緊張せず参加できました。
 
コーディネーター杉浦綾さんの自己紹介とコーディネーターになるきっかけのお話があり、ここでの話の中では、愛媛に住まわれていて愛媛のことを全然知らなかったこと、人との出会いの中で参加するきっかけになったことが印象的でした。
 
そして、過去に催された授業の中から、「今宵なりきりアーティスト」を題材に、授業を作る過程から授業の内容を語っていただきました。何気なく開かれているイベントだと思わせる裏では、しっかりと授業を計画し実行・成功させるための工夫がなされていることに感心しました。
 
次にグループにわかれて実践です。お題は「なべやきうどん」。
私が参加したグループでは、「なべやきうどんのことり・あさひの立地に学ぶ経営学」ということで、「場所」「経営」という切り口から、「なべやきうどん」に繋げて、「中心市街地活性化」や「若手経営者育成」という成果や効果を生み出すような授業を考えてみました。
発表すると他のグループのみなさんの歓声や驚きのような声があり、もし、自分が授業をコーディネートし成功すれば、他では得られない達成感があるなと思いました。
 
また機会があれば授業に参加するのはもちろん、授業を作る側・授業をする側として参加できればと思います。
【授業報告:あっくん】

 



 

第3の場がココにある!
開催日:2013年8月28日18時30分
  • 受付期間:2013年8月1日 17時 〜 2013年8月21日 13時
  • 定員:12名
  • 参加対象:いよココロザシ大学の授業コーディネーターに興味がある方
  • 授業料:無料 
 

いよココロザシ大学には授業コーディネーターという役割の人がいます。

面白いことをしている人たち(=先生)と
愛媛が好きでもっと愛媛を知りたいと
思っている人たち(=学生)をつなぐ人です。

今回はこの「授業コーディネーター」が
どんなふうに授業を考えているかを
実際に体験していただきます。

そして、コーディネーターをやっていて感じたこと
嬉しかったことや苦労したこと
コーディネーターをやっている理由などを
ココ大のベテランコーディネーター、杉浦綾さんが語ります。

仕事と家庭と、もう一つ、自分の興味や関心を
生かせる場所が、ココにあるかも?

【授業の流れ】
1.自己紹介
2.ゲストトーク
3.授業企画
4.発表・感想
(21:00終了予定)

この授業の開催は終了しました。

先生:杉浦綾
砥部焼作家
雪深い新潟県出身。名古屋〜東京などを転々とし、やっと腰を落ち着けた愛媛県。 真の愛媛県人になるべくいよココロザシ大学の門をたたきました。 伊予弁、愛媛の郷土料理を勉強中。 職業病の腰痛と闘いつつ人生において一番大切なのは健康であると日々思う昭和47年生まれ。 好きな食べ物は日本酒です。

今回の教室:愛顔の食卓
住所:愛媛県松山市花園町5-4
TEL:089-906-5806
行き方アクセス:松山市駅から徒歩3分。花園町東側を北に歩きます。
「海山里の生産者と食卓の架け橋」を掲げ、生産者の顔が見える逸品を愛媛県各所から取り寄せたアンテナショップ。みかんジュース、ジャム、干物、出汁、スイーツ、梅干し、海苔、お茶、ジビエ、アイスクリームなど、50以上の生産者と繋がり、200種類以上の「顔の見える一品」を揃えています。 愛媛県各地の逸品を詰合わせる「ギフト」が人気で、会葬御礼から記念品、手土産やちょっとしたお礼など、あらゆる場面で1500円から賜っています。