愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

昨年の年末も押し迫った12月29日、「こんにちは!経済〜マクロからみえる日本〜」を受講させていただきました。
学生としては、初めての受講でしたし、お堅い内容の予想だったので、どのような授業を行うのか興味津々でしたが、期待に反して 非常にアットホームな雰囲気で、リラックスして受講することができました。

私は、不動産業に従事しており、国内の政治、経済の流れにはアンテナを張っているつもりでしたが、2008年のリーマンショック以降 アメリカで起こった経済悪化が、こんなにも日本のしかも愛媛、松山の不動産景気に影響するものか・・・・・と痛感しました。それ以降、近隣諸国の経済動向にも興味を持ちましたが、結局のところテレビニュースからの情報収集に止まっていました。

 今回の授業参加で、諸外国の大きな経済の流れを、年代や業種別、地域別などで分かりやすく統計で説明いただき、また、貴重なお話もしていただき、益々、日本との関連性についても興味がわきました。
 
今後もこのような「いまさら聞けない世界の経済・日本の経済」を勉強できるような授業があれば、ぜひ参加させていただければと思います。

 原口先生、コーディネーターの皆様、ありがとうございました。【授業レポート:T.N】

 

 



 

こんにちは!経済〜マクロからみえる日本〜
開催日:2013年12月29日13時30分
  • 受付期間:2013年12月9日 13時 〜 2013年12月20日 13時
  • 定員:8名
  • 参加対象:・授業内容に興味・関心ある方なら、どなたでも。
    ・経済に興味ある方の他、国際公務員という仕事、国際協力に興味・関心ある方にもお薦めです。
  • 授業料:無料 
  • 準備物:筆記用具
  • ・教室に駐車場はございません。車でお越しの方は、周辺の駐車場をごりようください。
    ・授業の様子は記録、広報用に撮影させていただくことをご了承下さい。

世の中を動かしている「経済」って何なのか?身近なはずなのに、見えにくく感じにくい。でも、確実に世の中を動かしている経済。ニュースだけではなくて、経済の現場を目の当たりにしている人から学びたい。

国連工業開発機関(UNIDO)で、マクロ経済の専門家である原口信也氏をお招きし、世界経済から見える日本について、意見交換をしながら授業を行います。普段はオーストリアを拠点に仕事をしている原口氏から「今の経済」について学べます。

この授業は、経済に興味ある方の他、国際公務員という仕事、国際協力に興味・関心ある方にもお薦めです。
*授業時間は13:30〜15:00です。

【授業の流れ】
(予)
13:30〜13:45 挨拶、自己紹介
13:45〜14:45 講義
14:45〜14:55 質疑応答
14:55〜15:00 記念撮影、アンケート
*内容は一部、変更する可能性があります。

この授業の開催は終了しました。

先生:原口信也
国連工業開発機関 (UNIDO) 、エコノミスト 開発経済学博士(ロンドン大学)
セントジョーンズ大学(アメリカ)で教鞭をとりマクロ経済学を教えた後、国連でエコノミストとして研究・調査業務に従事。UNIDOの主要研究報告書、2013年度工業開発レポート「持続的な雇用成長:製造業の役目と構造変化」の製作チームリーダー。 専門は産業の構造変化で、編著「BRICSの構造変化、貧困削減、産業政策」(2012)等、その分野の研究論文多数。

コーディネーター:いよココロザシ大学
「誰でも先生、誰でも生徒、どこでもキャンパス」を掲げ、個人や企業、NPOが持つ知識や技術、経験などの価値を「授業化」し、学び合える仕組みを構築。 授業を教えてくれる市民先生は300人以上、2,000名以上の市民が「学生登録」し、500以上の授業にのべ25,000名以上が参加しています。

今回の教室:愛顔の食卓
住所:愛媛県松山市花園町5-4
TEL:089-906-5806
行き方アクセス:松山市駅から徒歩3分。花園町東側を北に歩きます。
「海山里の生産者と食卓の架け橋」を掲げ、生産者の顔が見える逸品を愛媛県各所から取り寄せたアンテナショップ。みかんジュース、ジャム、干物、出汁、スイーツ、梅干し、海苔、お茶、ジビエ、アイスクリームなど、50以上の生産者と繋がり、200種類以上の「顔の見える一品」を揃えています。 愛媛県各地の逸品を詰合わせる「ギフト」が人気で、会葬御礼から記念品、手土産やちょっとしたお礼など、あらゆる場面で1500円から賜っています。