愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

“本と○○”シリーズの第2弾、前回のカクテルに続き、
今回は春らしくスパークリングワインを楽しみながら、
参加者がそれぞれお薦めの1冊を紹介するという、大人な企画です。


またこの授業は、これまで受講生という立場で参加されていた赤松さんの、
コーディネーターとしてのデビュー戦でもありました。
スパークリングワインの事を、たくさん勉強して来てくれていましたよ。

メンバーが集まったら、何はともあれ乾杯!

最初の1本は、イタリアはチンザノ社のアスティ・スプマンテです。
爽やかな甘さとフルーティな香りで飲みやすく、最初の1本にピッタリのセレクトです!
でも飲みやすいだけに、飲みすぎには注意せねば・・・



簡単な自己紹介の後は、順番に持ってきた本の紹介ですが、
一口に「物語」と言っても、集まった本はさまざま。
それぞれお気に入りのシーンやセリフを紹介するうちに、

「あ、それ読んでみたい」
「分かる〜」

と共感の声が上がります。

2本目はスペインから、サルダ・カヴァ・ブリュットです。
1本目とは対照的に、キリっと辛口のクールな味わい。
果実味と酸味の絶妙なバランスと後口のキレの良さは、良く出来た大吟醸酒のようで、
ワインはあまり・・・という向きにも是非おすすめしたい1本です。

アルコールの力も手伝ってか、話はどんどん盛り上がっていきます。



それぞれが持ってきた本の話はもちろんですが、
“買う派”か“借りる派”か、図書館あるあるなど大盛り上がり。
時にはお腹がよじれる程の爆笑も交えながら、雨の夜は更けてゆきます。

最後はワインの本場、フランスから、ロワイヤル・ブルリエール・マスカットロゼという、
スパークリングワインとしては異色の、マスカットを原料とした1本です。
味も素敵ですが、可愛らしく鮮やかな花柄プリントのエチケットデザインは、
気軽なプレゼントやお土産にも良いのでは?
最後の1本に選ぶあたり、赤松さんのセンスがキラリと光っています。

 

楽しい2時間はあっという間に過ぎて、お開きの時間。恒例の記念撮影をした後は、それぞれが持参したお薦めの本の裏表紙にメッセージを記入して、ココ大図書館へ寄贈します。


今回の企画、“大人の上質時間”という言葉がピッタリの楽しい授業でした!
とても素敵な時間をコーディネートしてくださった赤松さんと、いよココロザシ大学スタッフの皆さんに心から感謝しながら、自称“上質な酔っぱらい”は、雨に滲む夜の街に消えていったのでした。





【報告:木曽 智仁】


 

 

 

 

 



 

本とスパークリングワインの夕べ
開催日:2012年4月25日19時0分
  • 受付期間:2012年3月30日 10時 〜 2012年4月19日 21時
  • 定員:8名
  • 参加対象:20歳以上の方
  • 授業料:実費(1,000円(スパークリングワインとおつまみ購入))
  • 準備物:大好きな本(ジャンルは物語)
  • この授業はアルコール付きです。そのため車でのご参加はご遠慮ください。

ほろ酔い気分でとっておきの1冊を紹介しあった「本とカクテルの夕べ」。
自分では手に取らない本に出会える、仕事帰りに初対面の人と心地よい時間が過ごせた、と大人気だったこの授業のアンコール企画が登場。

その名も「本とスパークリングワインの夕べ」。
春らしくシュワっとはじけるスパークリングワインを飲みながら、本の世界へ一緒に旅しませんか。

いろんなジャンルの本が集まって面白かった前回と変えて、今回は「物語」を持ち寄ってみましょう。
大好きな作家さんでも、子供のころに読んだ絵本でも、あなたの大好きなストーリーを教えてください。
本はあまり読まない人(私は前回そうでした)は、本棚に眠る1冊を持って、新しい本とお酒を楽しむ夜になるでしょう。

持ち寄った本は、最後にみんなで交換します(ココ大図書館に置いてもらうこともできます)。

春の夕べのひととき、新しい「いよココロザシ大学事務所」で一緒に語らいませんか。

【授業の流れ】
19:00〜 自己紹介
19:20〜 ワインを味わいながら、本について語り合う
20:50〜 アンケート
21:00  終了

この授業の開催は終了しました。

コーディネーター:横山史
コーチ
人の話を聞くのが好き。 素敵な話に出会ったら、みんなにも聞いて欲しい。→で、授業にできたらいいな。 昔ながらが好きなアナログ人間。 授業を機に、自分の世界を広げたい。 欲のままに企画します。

コーディネーター:赤松嘉人
会社員
宇和島市生まれ、洋楽育ち。 アートを感じられる事に興味を持つようですが、ライフスタイルは世に言う親父そのものです。 たまに焼き鳥屋に単独で乗り込んでいます。 一度お酒を飲み始めると、へろへろになるまで止められません。月一のペースで、ナウシカを観ます。 一時期ファミコンのカセットを収集してました。 宜しくお願いします。

今回の教室:愛顔の食卓
住所:愛媛県松山市花園町5-4
TEL:089-906-5806
行き方アクセス:松山市駅から徒歩3分。花園町東側を北に歩きます。
「海山里の生産者と食卓の架け橋」を掲げ、生産者の顔が見える逸品を愛媛県各所から取り寄せたアンテナショップ。みかんジュース、ジャム、干物、出汁、スイーツ、梅干し、海苔、お茶、ジビエ、アイスクリームなど、50以上の生産者と繋がり、200種類以上の「顔の見える一品」を揃えています。 愛媛県各地の逸品を詰合わせる「ギフト」が人気で、会葬御礼から記念品、手土産やちょっとしたお礼など、あらゆる場面で1500円から賜っています。