愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

メルマガで「元気もん」が紹介されているのを拝読し、興味を持ち参加しました。印象的だったのは、30年ほど前までは女性が一生懸命に農業に従事しても自身は補助的な役目と思われることが多かったこと。自身が農業で立ち位置を確立するには「加工食」と思い奮起するお話はとても共感しました。

また、地域の味を受け継いでいる点も共感しました。私が好きな「元気もん」はあすもさんのオリジナルではありますが、最初は地域のご婦人たちが考案され、その味を受け継ぎ無添加など改良を重ねて商品化させヒットさせたのは素晴らしいと思いました。愛顔の食卓には1サイズしか置いていませんでしたが、他に2サイズ(大袋、一口サイズ)があり、買いやすいとも思いました。

試食も美味しかったです。裸麦パン、饅頭、元気もんと食べながらの意見交換は話しやすく、初めての参加でしたが満足しました。ありがとうございました。
(授業レポート:R)



【愛顔の食卓】あすもは元気もん!
開催日: 9月25日11時0分
  • 企業名:企業組合津島あぐり工房「あすも」
  • 受付期間: 9月8日 10時 〜  9月22日 17時
  • 定員:6名
  • 参加対象:・生産者が作っている加工食品に興味関心のある方
    ・6次産業化に興味関心のある方
    ・起業創業に関心ある方
  • 授業料:実費(500円)
  • 関連リンク1:津島あぐり工房facebook
  • 関連リンク2:津島あぐり工房
  • 準備物:・筆記用具
  • ・本授業の参加費は500円です。授業当日にお支払いください。
    ・本授業は記録様に撮影を行います。予めご了承ください。

8月25日に花園町5-4にオープンした愛顔の食卓は【海山里の生産者と食卓の架け橋】です。生産者などの顔が見える商品を150種類以上販売しています。
オープンしてからそろそろ1カ月。いよココロザシ大学が最も得意とする授業を開始します。その第一弾はオープン1カ月の9月25日(日)に授業を行います。

第一弾は「企業組合津島あぐり工房」さん。地元の食材にこだわり、「地元に伝わる昔ながらの味を残したい。」と、昔から伝わる手作りの「麦味噌」や、大豆と炒り子を揚げた「元気もん」など、懐かしい農産加工品を作っている女性グループです。
授業では、試食しながら開発秘話などを伺います。また、10月新発売の商品をいち早く試食することもできますよ。
この機会に、食を通し「きのう・きょう・あすも、1歩1歩進んでいきたいと」前進する津島あぐり工房さんの授業にお誘いします。

【授業の流れ】
(予)
11:00〜自己紹介、開発秘話
11:30〜意見交換
12:00〜新商品試食
12:20〜写真撮影
*授業内容は随時アップしていきます。

この授業の開催は終了しました。

先生:山下由美
企業組合津島あぐり工房代表理事
昭和62年、結婚を機に農業経営に積極的に関わるとともに、同世代の農家女性と「フレッシュあぐり」を結成し、味噌の製造・販売を開始。平成22年から、JAえひめ南手作りパン工房みなみのスタッフリーダーとして、地域の活性化に貢献する。平成23年6月、男女共同参画大臣より女性のチャレンジ賞を授与。平成24年には、地元津島町で「あすも」の経営を開始し、同年に企業組合「津島あぐり工房」を立ち上げ、代表理事として、地元の新鮮な農産物を活用した郷土料理の提供に努め、食文化の伝承と地域の活性化に取り組んでいる。

今回の教室:愛顔の食卓
住所:愛媛県松山市花園町5-4
TEL:089-906-5806
行き方アクセス:松山市駅から徒歩3分。花園町東側を北に歩きます。
「海山里の生産者と食卓の架け橋」を掲げ、生産者の顔が見える逸品を愛媛県各所から取り寄せたアンテナショップ。みかんジュース、ジャム、干物、出汁、スイーツ、梅干し、海苔、お茶、ジビエ、アイスクリームなど、50以上の生産者と繋がり、200種類以上の「顔の見える一品」を揃えています。 愛媛県各地の逸品を詰合わせる「ギフト」が人気で、会葬御礼から記念品、手土産やちょっとしたお礼など、あらゆる場面で1500円から賜っています。